スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ローテーションバトル

    どうもこんばんは、ソルティライチと言うものです。

    この記事はローテーションバトルって馴染みがないけどどんな感じなんだろうという方々向けに書かれた記事です。

    ここでは、多くのポケモントレーナーに馴染みのあるシングルバトルと比較して見ていくスタイルを取って解説していきたいと思います。


    その為抽象的な表現も多く、ローテーションバトルに馴染みのある方からしてみればここは違うだろという部分も存在すると思いますが、その場合はコメント欄で指摘していただけると幸いです。 可能な限り修正、加筆していきたいと思います。

    目次
    【1】シングルバトルとローテーションバトルのルールの違い(基礎内容)
    【2】「ローテーション」と「交代」の違い
    【3】「ローテーション」と「交代」の違いが及ぼす影響
    【4】パーティ単位での違い
    【5】まとめ

    続きを読む

    スポンサーサイト

    【対戦】限定ポケモンの情報

    【注意】
    ①以下に書かれている情報は2014年8月8日(XY発売後、オメガルビーアルファサファイア発売前)における情報です。
    ②私の主観が少し入っている情報(補足)は< >で括って表記しています。


    【ふんかヒードラン】
    出てくるボール(モンスターボール)と性格、性別♂が決まっている、また色違いは存在しない。
    性格れいせいC↑S↓


    【クラウンスイクン、ライコウ、エンテイ】
    こちらも出てくるボール(プレシャスボール)と性格が決まっている、こちらはふんかヒードランとは反対に色違いのみ

    基本情報
    ①スイクン
    性格のんきB↑S↓
    しんそく/ぜったいれいど/アクアリング/エアスラッシュ

    ②ライコウ
    性格うっかりやC↑D↓
    しんそく/はどうだん/でんじほう/ウェザーボール

    ③エンテイ
    性格いじっぱりA↑C↓
    しんそく/フレアドライブ/とおぼえ/ブレイククロー

    その中でよく見るスイクンとライコウの素早さ実数値を以下に示す。(エンテイは省略します。)
    ①スイクンの素早さ実数値
    【抽象】
    S振ってないなら無振りハッサム以上無振りメガハッサム未満
    Sフットル場合は最速バンギ-1

    【具体】
    フシギバナ、カイリュー100>メガハッサム95>クラウンスイクン94>ハッサム85
    ※全て無振り想定

    最速バンギ124>最速クラウンスイクン=最速ユキノオー123>準速キノガッサ、パルシェン122

    スカーフ最速クラウンスイクン=最速スカーフユキノオー184>最速ライコウ、スターミー、メガアブソル、アグノム183



    ②ライコウの素早さ実数値
    【抽象】
    激戦区の100族と同速。
    めざ氷だとしてもガブリアスや化身ランドロスは抜けない<きあいのタスキ持ちが多いです。>
    【具体】
    最速クラウンライコウ167=最速ウルガモス、サンダー、ボーマンダ、リザードン、メガガルーラ、メガサーナイト、メガチャーレム


    【今作から両立可能になった遺伝技と過去作限定教え技の両立不可】
    はたきおとす(れいとうパンチ)マリルリ
    はたきおとす(れいとうパンチ)は過去作の教え技限定で覚えられる技なので6世代産でしか両立できないはらだいこ+アクジェができない。
    <その分はらだいこ後の制圧力に欠けるので、はたきおとす持ちはとつげきチョッキが多い>

    ファミ通チャレンジレポート

    こんにちは、ソルティライチというものです。

    今回は4/18の9時~4/21の9時(1時間前)まで開催されていたファミ通チャレンジというポケモンXYの公式大会のレポートです。


    まず、ファミ通チャレンジとは、カロスダブルというルールの基で行われたダブルバトルの大会です。 今年のポケモン世界大会のWCS2014でもこのルールが採用されています。

    基本的にはポケムーバーで連れてきたブラックホワイトなどの過去作で捕まえたポケモンが使用不可能のルール(縛り)という認識で良いと思います。

    この縛りの分、警戒しなければいけないポケモンや技が減ってとっつき易いので、初めてポケモンのダブルバトルを取り組んでみたいという方はこのルールからはじめると良いと思います。 現在はスペシャルルールで遊ぶことができます。(第3シーズンは5/12まで)


    試合数が60戦まで(1日20戦まで×3日間開催)という制限があり、今回60戦行った結果のKPの上位ポケモンをまとめました。
    同じ人と当たったケースが2回あったので、その2回分を差し引いた実質58戦分のKPとなります。(+自分のPT)
    KPとは被りポイントの略称でPTに入っていた総数、つまり人気順です。

    KPの集計に当たってシビルさんの製作したポケモンKP集計ツールXY(http://shibirusystem.digi2.jp/)を使用させていただきました。 ありがとうございます。

    KP一覧
    ガブリアス; 26
    ギルガルド; 23
    ガルーラ; 18
    ファイアロー; 17
    ロトム; 15
    ボーマンダ; 15
    バンギラス; 14
    ロトム; 13
    モロバレル; 11
    リザードン; 11

    クチート; 10
    マリルリ; 10
    ニャオニクス♂; 9
    サーナイト; 8
    ルカリオ; 8
    ゲンガー; 7
    サザンドラ; 7
    キリキザン; 6
    ズルズキン; 5
    ナットレイ; 5

    オンバーン; 4
    ゲッコウガ; 4
    ヤドキング; 4
    ラプラス; 4
    ライチュウ; 3
    プテラ; 3
    ローブシン; 3
    ライボルト; 3
    サンダース; 3
    ハッサム; 3
    ユキノオー; 3
    カビゴン; 3
    ヌメルゴン; 3
    カラマネロ; 3
    ニンフィア; 2
    フレフワン; 2
    ドーブル; 2
    シャンデラ; 2
    マニューラ; 2
    ロトム; 2
    シュバルゴ; 2
    ヘラクロス; 2
    メレシー; 2
    コジョンド; 2
    ドサイドン; 2
    ブリガロン; 2
    ギャラドス; 2
    フシギバナ; 2
    ワルビアル; 2
    ガラガラ; 2
    ニョロトノ; 2
    キングドラ; 2

    ※上位10匹は大文字表記、11~20位は中文字表記、KP1以下は省略。

    ガブリアス、ガルーラ
    この2体についてはどんなルールにおいても活躍が可能な能力を持っているポケモンなので、あまり語ることはありません。
    ガルーラはふいうち ねこだまし いわなだれ などダブル向きの技も覚えます。 覚える技が多すぎる。

    余談ですが前回シングルのお話について書いた記事にホルードが徐々に増えると予想していましたが、『ノーマル/地面タイプで後続に等倍以上で通りやすいでんきタイプとゴーストタイプと無効、いわタイプを半減にできる優秀な耐性』に加えて、『じめんタイプでありながらヒードランより素早い』という2点を評価していた為ですが、耐久が心もとないのとノーマルタイプ枠はガルーラに、地面タイプ枠はガブリアスにそれぞれ任せてPTを組んである方々が多いのであんまり増えませんでしたね。

    ポケサーの一人がマルチバトルでHDほおぶくろホルード@オボンのみ を使ってきました。 とても弱かった。



    ガブガルーラと並んで人気のギルガルド
    カロスダブルではシールドフォルムを満タンの状態から一撃で瀕死にするのがロトム水と並んで困難なポケモンです。
    対処法として
    ①抜群を火力強化アイテム持ちで突いて押し切る(シャンデラなど)
    ②抜群をメガシンカポケモンで突いて押し切る(リザードンYなど)
    ③鈍足高耐久ポケモンで一発攻撃を受けてブレードフォルムになった所で抜群を付く(カバルドンなど)
    ④カラマネロ、キリキザン(特性によりキングシールドを許さない勢)

    などがあるのですが接触技だとキングシールドで読み合いが発生してしまいます。
    ならば、非接触の抜群を付ける汎用性の高い技の「じしん」で攻めると良いのですが、ダブルバトルは全体技の威力が下がるのでギルガルドを一撃で倒すのが難しくなっています。

    更に、アタッカーとしても優秀であり、PTの潤滑油の役割も同時に持たせることができるので組み込みやすいので今回もKPが高かったのだと思われます。(特にKP7のサザンドラとの相性補完は有名)
    ダメージレースの差でこちら側有利の択を相手に迫れるというのは勝率を高めるという点で便利ですからね。

    ロトム水も耐久と耐性が優秀という点がギルガルドと似ていて、攻撃面の性能を強化するためにこだわりアイテム持ちが多かったように思えます。




    フェアリー
    フェアリーのばつぐんを付ける技、つまりどく技とはがね技の威力の多くは80程度でひかえめです。
    KPの高いクチート マリルリ サーナイトの3体はその程度の威力の技なら簡単に耐え、それぞれの技範囲の補完ができている、どちらかといえばやられる前にやるというタイプのポケモン達です。

    技の火力の関係で迅速に処理がしづらい+攻撃を余裕をもって受けにくい+容姿に恵まれているのが多い という3点で人気なんですかね。




    ほのお枠 ファイアローとロトム火、リザードン

    ニョロトノとキングドラを並べた雨パとユキノオーと吹雪使いを並べる霰パ、トリックルームからの展開をしてくる鈍足トリパといったコンセプトパーティを除くと、今大会の対戦した方々のほのおタイプポケモンの採用率は100%でした。
    ちなみに自分のPTはと言うと プテラ ラプラス ワルビアル エーフィ ギルガルド ローブシン・・・あれ?

    これまで述べたギルガルド、フェアリーはどちらもほのおタイプに相性的に弱い(マリルリは例外)ので、1体はPTの中に入れておくのがカロスダブルのセオリーなのでしょうか。 フェアリーのおかげでほのおタイプの価値が相対的に上がっている?

    ほのおKP上位3匹の個別解説(対フェアリー、対ガルド中心)
    ①リザードンYはひでり+ソーラービームでマリルリにも優位になり全般に強く出れます。
    ②火ロトムはマリルリと互いに弱点をつけるので、取り巻き次第。
    ③ファイアローは・・・マリルリどころかサーナイトにもHに努力値を振られるとブレバを耐えられてしまうことがあり、クチートをフレアドライブで倒そうとしてもふいうちで返り討ちにあったりとフェアリーやギルガルドの対策としての役割は薄い気がします。(前回の書いた記事のファイアローが思ったより多いもこの点を考慮して、後は当時こだわりハチマキ持ちばかりだったためファイアローをそこまで強く感じてなかった。)

    ですが、ファイアローは特性はやてのつばさと、おいかぜ挑発おにびなどの小技、やけどしない物理、後述のブレバ→ドラゴン等倍、ガブリアスより素早いなどのアイデンティティがあるのが強みと解釈しています。

    しかし、ほのおタイプはどうしても技を半減されるドラゴンタイプがネックになります。
    特にロトムやエアスラを技スぺの関係上入れていないリザードンは、フェアリータイプやギルガルドとの相性補完に優れるサザンドラに交代されてごり押しされる可能性も大いにあり、ガブリアスにはどうしようもない場面が出てきます。
    ファイアローの場合はとりあえずブレバで等倍の負担かけれるのが良いですね。(打ち勝てるとは言ってない)

    ※2014/4/21現在のPGL情報だとリザードンのエアスラッシュ採用率は14.6% とタイプ一致の割には意外と低い。



    バンギラス
    カロスダブルではれいとうパンチなどの高火力物理技を覚えることができないのが特徴。
    そのため特殊型(特殊+いわなだれ)が多く、バンギラスナイト、いのちのたま 、こだわりスカーフ、じゃくてんほけん、とつげきチョッキなど元々600族という高い数値をさらに強化するアイテムを持たせてあることが多い。
    後、貴重な高耐久いわタイプ。



    ボーマンダ
    こちらも600族で数値を強化するアイテムを搭載し、中でもこだわりスカーフが7割を占める。(2014/4/21現在のPGL情報)
    そして、特性いかくがとても強力。だが、初手で出す際に特性の発動順でこだわりスカーフか否かを判別されてしまうこともあるので注意が必要。



    モロバレル
    きのこのほうしつよい。いかりのこなつよい。特性のさいせいりょくつよい。クリアスモッグも中々つよい。



    モロバレル辺りは文体に明らかに疲れが出てますが、個別解説はこんなものですかね。 強いポケモンのフシギバナのKPが2しかなかったり、ヤドキングのKPが4もあったりと、時間帯やレートによってばらつきがあるのかもしれません。

    来週にはPGLでもっと正確なKPなどが出るのでもっと正確に知りたい方はそちらをご覧ください。



    戦って面白かった相手の方々の戦法と注釈

    【リザードン】
    こちらの消耗したメガプテラと相手のリザードンが対面し、“いわなだれを当てれば落とせる”と思い込んだ場面で、メガプテラがリザードンに抜かれてかえんほうしゃで焼き払われました。

    こだわりスカーフ持ちは読めませんでした。なお、この試合以外の選出されたリザードンはすべてリザードンナイトY持ちでした。

    【マリルリクチート】
    あいての マリルリの はらだいこ!

    塩「なるほど。ラプラスとギルガルドときあいのタスキ持ちエーフィが残ってるからまだ立て直しが効k・・・」

    あいての クチートの じこあんじ!

    塩「( ^o^)」

    塩「(^o^)」

    その後、ふいうちとアクアジェットを打たれただけで負けました。初見殺しコンボですね。

    【しんぴ→いばる あまえる(カラマネロ)】
    これは有名な戦法ですが、しんぴのまもりを使った後、いばるを味方に使うというのと、あまえるを味方のカラマネロに使うコンボですね(特性あまのじゃくによりこうげきがぐーんと上がる)
    前述のじこあんじクチートもそうですが、『味方に補助技を使うという発想』がシングルとは異なる複数ルールならではの戦法で面白いです。

    【レパルダスルカリオ】
    レパルダスがうそなき(相手の特防をガクッと下げる)をしてメガルカリオがはどうだんorラスターカノンを打つ→相手は大体倒れるというシンプルでかつ強力なコンボ
    この試合以外にも選出されたルカリオはすべてルカリオナイト持ちでなおかつほとんどが特殊型でした。物理の高火力アタッカーはたくさん存在しますが、それに対して特殊の高火力アタッカーはリザードンYとサーナイト、サザンドラ、ボーマンダなど選択肢が少なめなのでルカリオが特殊がおおかったのかなと思います。ギルガルドも同じく。

    【そいつがメガ枠か】
    相手初手バンギとガブ
    塩「このガルドはガブのじしんは耐えるし、めざ氷で処理しよう」
    相手の ガブリアスの ガブリアスナイトと 〇〇の メガリングが 反応した
    バンギラス の まもる
    ガブリアス の じしん(すなのちから)
    ギルガルド は 倒れた

    【ドーブルガルーラ】
    ドーブルがダークホールしてガルーラが縦横無尽に駆け巡る。
    このドーブルは ねこだまし ダークホール おいかぜ へんしん このゆびとまれ キングシールド ニードルガードのうち4つの技を持っている印象です。 基本的にはガルーラのグロウパンチを積む隙を作ろうと動いてきます。

    ダークホール読みでエーフィ出す ドーブル追い風、ガルーラグロパン

    エーフィまもる ガルーラエーフィにおんがえし、ドーブルダークホール

    塩「これでマジックミラーが発動する、やったぜ。」

    まもっているとマジックミラーが発動しない

    ▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわあああああああ

    負けました。

    【マニュルカリオ】
    マニューラがどちらかにねこだまししてくる読みで両方まもったらマニューラがルカリオにふくろだたきを使ってA4段階上昇のルカリオが誕生しました。(次ターンメガシンカ)
    この大会唯一遭遇した物理ルカリオ。 テラキオンが出場できないルール中で夢特性ルカリオを代用した感じですかね。



    最後にこの大会を通じて対戦してくださった方々、この記事を読んでいただいた方々、ありがとうございました。

    カロスダブルやりましょう

    カロスダブル全然勝ててないハシダムです。

    今週の活動では、カロスダブルの布教(もといバトルロードグロリアの宣伝)をしてきました。

    バトルロードグロリアについてはこちら↓
    http://brgloria.web.fc2.com/

    一大学のポケサーが特定のオフ会の宣伝に加担していいのかというのもありますが、オフ会への参加もポケサーの地力を高める上では必要だと思うので多少はね?

    オフ会も持ちつ持たれつみたいなとこはあるんで、ここで他のオフを宣伝して恩を売っとけば、いずれクロ猫オフを開催する時に役立つかも?

    今回の講座で使ったサイトのURLをまとめておくんで、復習したい人はどうぞ。
    (勝手ながら講座の資料として使わせてもらいました。)

    ポケモンアリーナオフ
    【まとめ記事】第15回ポケモンアリーナオフwithバトルロードグロリア関東大会【カロスダブル】

    徒然なるポケモン日記
    【カロスダブル】Ray Rizzoさんのバージニア大会優勝構築翻訳記事

    あるえのポケモン雑記
    【ダブル】第31回つのおふ優勝構築

    バルドルのなみのり日記
    【ダブル】カロスダブル使用可能ポケモンのタイプ別一覧


    ざっと言うとカロスダブルとは、
    カロス図鑑に載っている(禁伝以外の)約450匹のポケモン
    かつ、
    カロスマークがついているポケモン
    が参加できる
    ダブルバトルです。
    もちろん、見せ合いありの64です。
    (なんか漏れがありそう)

    現在のスペシャルレートもこれと同じで、WCS2014のルールも同じらしいです。
    違いは制限時間ぐらいでしょうか。フレ戦より公式の方が短いんで難しいです…。

    時間切れになったら、選択したところまで行動が反映されて、技が未選択なら左上の技、対象指定がないなら右側のポケモンに技を打ちます(体験談だから違うかも)。
    というわけで、いちばん上の技は時間切れで出てしまってもなんとかなる「守る」やメインウェポンがくるように意識しときましょう。


    また、新たに考察記事が上がったみたいなので参考にしてみてはいかがでしょうか。

    バトルロードグロリア
    関東大会予選を終えて



    じゃけんカロスダブルに興味が出たら、スペシャルレートに潜ったりオフ会に参加してみたりしましょうね^~

    というわけで山口近辺の2つのオフ会の募集記事はこちら↓

    2月1日(土)、広島で開催
    第5.5回びぶおふ!バトルロードグロリア・中四国予選大会募集

    この次の日に同じ会場でシングル63のオフ会もあるのでそっちも行けたら行きましょう。
    でもテストある人は帰るの安定??


    2月9日(日)、福岡で開催
    第23回がにゅーオフ(バトルロードグロリア九州予選) 告知・募集記事

    こっちはテスト終わってるんで普通に参加できますね。


    僕はどっちとも行く予定なので、一緒に行く人募集してます。
    広島は行きは新幹線になるかもです。
    福岡は前日入りして(ポケモン仲間の家に)泊まりになるかもしんないです。
    それが嫌なら自分でホテルとるなりしましょう。

    INCつづき

    もうすぐ開催されるやまポケオフへ向けて、INCのデータからダブルバトルの勉強をしているハシダムです。(宣伝乙)

    INCでの上位者使用ポケモンのKP6位から10位までをこちらにまとめ直しました。

    過去の考察記事も、カテゴリーの対戦管理のところに見やすくまとまっていると思いますので、そちらもよろしくお願いします。

    それでは、考察していきますねー

    続きを読む

    プロフィール

    山口大学ポケモンサークル

    Author:山口大学ポケモンサークル
    山口大学ポケモンサークルの共用ブログです。
    日常のこと、サークル活動、考察など書いていこうと思います。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    リンク
    訪問者数
    ツイッター
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。