【工学部】タイプ統一戦振り返りと脳内構築垂れ流し

    この記事は
    ①他大学との交流戦の振り返り
    ②ORAS近況
    で構成されています。 長いです。 すんまそん。
    まず、本学の方で役職の引き継ぎが書かれてあったので工学部の方でも役職を発表しておきます。
    会長:みつこ(一号)君
    副会長:えくれあ(知将)君
    になりました。
    前会長と前副会長のシルヴィアさんとむっしぃさんは工学部特有の研究室の環に導かれて最近あんまり活動に来れていないという悲しい世界線上で日々を過ごしていますが、2年生を中心にこれからも楽しんでいこうと思います。

    そして先日(一ヶ月前)、その会長一号君と副会長えくれあ君と自分ソルティライチで横国のポケラバさんと神戸大学のポケサーさんとの交流の一環として工学部代表としてタイプ統一大会に参加しました。


    一号→たんじゅんドンメル入りじめん統一
    えくれあ→どくびしデスカーン+ベノムトラップオーロット入りゴースト統一
    ソルティライチ→ムラっけオニゴーリとSMRごうち入りこおり統一

    という皆テンプレしか使ってなかった構成なのに、対戦が配信されていたニコニコ生放送の枠名が「工学部3馬鹿」という括りになっていたのがちょっと悲しかったです。
    SMRごうちはぼうおんユキノオー@ミミキコエナイトです。

    交流会の雰囲気としては、タイプ統一でも本気に勝ちにきている方々が多かったですね。
    ポケモンバトルは確率(期待値)に大きく依存するゲームなのでタイプ統一という対応できる範囲が一般ルールと比べて狭まる制限の中でも勝率を上げようと、相手のタイプに依存せずに立ち回りやすい技としてちいさくなるやSwagger(いばる)といった補助技をパーティのギミックに組み込んでいる方々が多かったですね
    自分が使ったオニゴーリもムラっけで回避上げたり、無効化されにくいぜったいれいどを覚えたりとこのルール向きのポケモンだった気がします。(なお交代際のヘドロウェーブで毒状態になりほぼ出落ちした模様)


    確率(期待値)に関連する余談になりますが、XY後半のレート環境は命中難に定評があるきあいだまがバンバン飛び交う環境だった気がします。
    これは『外して負け筋を作る確率』と『当てた時のアドバンテージを得る確率』を天秤にかけた際に後者を重視して技を採用した人が多かったかなと振り返って思いました。
    それに加えて、格闘弱点のメガシンカポケモンが軒並み強力である一方でそのポケモン達の補完としてだけでなくスタンダードなパーティにも入りやすいボルトロス、ランドロス、クレセリア、ゲンガー、マリルリ、ギルガルド、サンダー、ギャラドス、ファイアロー、フシギバナ、エルフーンといった汎用性の高いポケモンの多くが格闘耐性を持っていた為、特筆すべき個性があるキノガッサとバシャーモ(後述)を除いてはパーティに格闘タイプをパーティで採用しない場合も多く存在し、メガガルーラやバンギラスといった高耐久ポケモンをタイプ一致補正の威力1.5倍に頼らずに負荷をかけないといけない状況になることもあるので、きあいだまを採用「せざるを得なかった」側面もあったのかなと思っています。


    ちょっと余談が長くなりましたが横国ポケラバおよび神戸大学ポケサーの皆様、この度はありがとうございました。
    反省と言うか欲を言えば対戦していない合間の時間に気楽に他大学の皆さんとマルチバトルなどの交流方法をやってみたかったかなーと思いますね。 とはいえオンラインの大会だと融通を効かせにくい面もあるので難しいところではありますね。




    話は変わってORASに関してはもうすぐオフ会のクロ猫オフなども開催されますが、何故かコンテストやひみつきち巡りを楽しんでます。

    自分はBW2からポケモンを始めたのですが今作のコンテストとかがBW時代の迫真ステッキぶんまわし部のような少し雑に思える作りではなく、ちゃんと演出に気合いが入っていて面白いです。
    ひみつきちの方は基地の名前でそれぞれの個性が出ますね。 確かポケセンでフレンドコードを交換した小学生の子の基地が「めざせ180cmきち」という名前で微笑ましいです(ワイ160cm成人、低みの見物)
    そういうサブイベント楽しんでたりすることもあってORAS環境の対戦にまだ参入できていません。
    ストーリーもレックウザ厳選も含めると5日前にクリアしたばかりです(フェアリーがあんまり出てこない旅パのサザンドラはとても強かったです。 ミクリのドククラゲにマジカルシャイン打たれて焦りましたが)
    福岡でのポケモンオフ会の神速オフなどにも参加予定だったのですが中々思うようにはいかないものですね。
    まぁ工学部ポケサーでもまだストーリークリアしてない人もいるみたいだし多少はね?

    とはいえ、頭の中で色々と案はあるんですけどね。 思考の整理も兼ねて少し書き出してみます。

    ラグラージ@キモクナイト
    げきりゅう→すいすい
    たきのぼり/じしん/アームハンマーorきあいパンチ/れいとうパンチ

    ボーマンダ@だっしゅつボタン
    特性:いかく
    りゅうせいぐん/おいかぜ/だいもんじ/げきりん

    バシャーモ@メンタルハーブ
    特性:かそく
    まもる/みがわり/バトンタッチ/?

    マリルリ@こだわりハチマキ
    特性:ちからもち
    たきのぼり/じゃれつく/アクアジェット/ばかぢから

    ヒードラン@こだわりメガネ
    特性:もらいび
    ラスターカノン/ふんか「戻して」かえんほうしゃ/げんしのちから/マグマストーム

    サンダー@こだわりスカーフ
    特性:プレッシャー
    10万ボルト/めざめるパワー氷/ボルトチェンジ/ねごと


    おそらくメガボーマンダが強いので良く使われると予想

    多分だけど最初は5世代のカバドリュ、XYでのカバルカリオやラグカイロスのような起点作ってからのエースとしてマンダ使う人が多い

    その偽装構築を使いたい(ひねくれ)


    ①ラグラージ→メガマンダorメガバシャの展開の偽装でバシャーモorマンダ→メガラグラージ展開
    ②こだわりアイテム+威嚇撒き脱出ボタンによる数値のごり押し

    という二つの主な勝ち方とひねくれ根性から考えられたパーティ

    ただ、メガバシャは起点作りからの全抜き要因というより「メガカイロス以外のXYメガシンカ勢との対面での相性の良さ」と「ほのおタイプ複合(フェアリー技がばつぐんではない)」という個性を活かして他の格闘ポケでは組み込むのが難しいサイクル戦に組み込む使い方がXYで多かったので偽装にはなってないのかもしれないですが・・・
    見せ合いの段階でメガラグを警戒されなければそれでいいんですけどね。


    他にはゲンガナンスモジャンボウゴリラミ(ゲンガー、ソーナンス、モジャンボ、ママンボウ、ヒヒダルマ、ヤミラミ)何か語感の良いパーティ
    ①メガゲンガー ナンス ママンボウ の ねがいごと+かげふみ戦法
    ②モジャンボ ママンボウ ゴリラ のタイプだけ見ると御三家っぽい再生ゴリラサイクル戦
    ③メガヤミラミ ゴリラ ソーナンス のナンスとゴリラでややこしいのを焼却した後メガヤミラミで詰める
    基本の勝ち方が上記3つのパーティ(XYではヤミラミの枠をコットンガードデンリュウで代用していてそこそこ勝てていた)はORAS環境でどこまで通用するのかとかも試してみたいですね。 デンリュウのままの方が強い説もある。


    現段階で単体で考えているのは、努力値を防御と特攻をベースに振った性格うっかりやのサザンドラに持ち物をじゃくてんほけんを持たせて
    りゅうのはどう/あくのはどう/おいかぜ/アクロバットの技構成で
    壁なしでメガガルーラのおやこあいけたぐり(≒ねこ+すてみ)を確定耐え調整まで振って、壁を貼って活躍させる型もメガミミロップやメガスピアー、メガエルレイドなどリフレクター込みでじゃくてんほけんのファクターを押してくれるポケモンが増えていると思うので使ってみたいですね

    このサザンの為の壁貼り要因はサザンの弱いフェアリーやドラゴンに強めでメガシンカも警戒させることが可能でサザンとの相性補完も悪くないメタグロスになると思います。

    感覚としてはちょっとだけXYにいた壁でのじゃくてんほけんローブシンやからやぶパルシェンみたいな扱いですね。

    しばらくはゆっくりORASを楽しみたいと思います。

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    山口大学ポケモンサークル

    Author:山口大学ポケモンサークル
    山口大学ポケモンサークルの共用ブログです。
    日常のこと、サークル活動、考察など書いていこうと思います。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    リンク
    訪問者数
    ツイッター
    最新トラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR